So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

Gasthof Krone Fussen [食べ物]

前回の続きですが、そのままロマンチック街道を南に移動し、最後の街・Fussenで泊まりました。その時の夕食です。小さな町ですが、夏のシーズン中でもあり、街中を多くの観光客が散歩していました。と言うことで、こちらでもドイツ料理のお店です。 

IMG_0137.JPG

IMG_0128.JPG

IMG_0132.JPG

日本語のメニューもあります。ちょっと想像しにくいですが。

IMG_0126.JPG

IMG_0127.JPG

またもやラドラーです。半分ジュースみたいに呑めて楽です。

IMG_0130.JPG

ギャートルズの様なシュバイネハクセ。付け合わせのグヌーデルとザワークラフトにお肉がマッチしており美味しく頂きました。別でソーセージも注文しようとしたら、一人には多すぎると言われ断念。

IMG_0136.JPG

行きがけに見つけたお店です。

IMG_0143.JPG

肉料理の後には必要だ!と勝手に言い聞かせて、なんともメタボな食事となりました。

IMG_0139.JPG

翌日は手前のシュウバンガウまで戻って、山登りと言うかケーブルカーですが… 写真左手奥が、有名なノイシュバンシュタイン城です。

IMG_0144.JPG

城も見学しようかとおもいましたが、Full bookdで入れず、フリーチケットも数時間待でしたので、近くまで行き写真撮影。ちなみに、上の写真の山からは下記城の景色はみれませんので…マリエン橋を渡ってさらに奥の崖から撮影しました。

IMG_0111.JPG

で山頂のレストランで、昨日のリベンジではありませんが、ソーセージです。白いのは既に茹ですぎ?で味が抜けており残念。またもや飲み物はラドラーです。同日は本当に天気が良く、山頂に腰かけて一人で好きな音楽をきき、時間を過ごしました。

IMG_0149.JPG


Fussenのホテルも泊まりましたが、あまりにも施設がシャビーで写真も撮りませんでした。週末で、真夜中までバーが騒がしく眠れず…。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Gasthof Moser, Wies [食べ物]

出張ついでに週末、ロマンチック街道を訪れたのですが、その際に立ち寄った場所でランチです。世界遺産のヴィース教会の隣にあるガストホフ(レストラン)で簡単に食べました。すみません、世界遺産にも関わらず教会の写真はありません。

場所柄、英語のメニューもあります。

IMG_0094.JPG

IMG_0095.JPG

IMG_0096.JPG

IMG_0097.JPG

店内は普通のドイツの田舎のレストランと言ったかんじで、地元の人の利用もありました。

IMG_0098.JPG

ドイツと言えばラドラーです。ビールをレモネードで割ってありのみやすいです。

IMG_0099.JPG

定番ソーセージ

IMG_0101.JPG


たぶん、利用する人はいないと思いますが、現金を全く持っておらず、お願いしてカードで支払いましたが、通常€20以上でないとカードは使えません。と言うか切らせてくれません。

天気も良く、のんびりした時間が流れていました。 
nice!(2)  コメント(0) 

出張飯・ミュンヘン Haxnbauer ハクセンバウアー [食べ物]

簡単に、前回の続きですが、やはり南ドイツといえば、シュバイネハクセと言う事で。ホーフブロイハウスはどこでもあるので、あえてここにしました。観光シーズンだったこともあり、多少並びましたが、一人と言う事もあり、これまた偶然前後に並んでいた韓国からの出張者と相席で食べました。とかく孤独な出張飯ですが、今回は少し違って良い思い出になりました。 

市庁舎から徒歩3分ぐらいです。

IMG_0067.JPG

メニューにあるBAVARIAN DUOを注文

IMG_0063.JPG

ボリュームも程よく満足です。

IMG_0065.JPG

ホテルの売店でビールを買ったら、バイエルンのビールはグラスから飲むものだ!といわれてグラスも渡されました。

IMG_0070.JPG

nice!(3)  コメント(0) 

フォーポイントバイシェラトン・ミュンヘン・セントラル [旅行]

こちらに赴任して、早2年が経過しますが、当初から避けていた?出張先ですが、ついに行くことに、と言う事でミュンヘンです。久ぶりにルフトを利用したら、ゲートでビジネスにアップグレードでした。といっても欧州域内のビジネスなので大したことはありませんが。 

IMG_0047.JPG

ビジネスでも、最前列で多少広くて隣がいないぐらいです。

IMG_0046.JPG

機内誌で肉のグリルマシーンが出ていました、800℃?! 本当かな、けど欲しい。

IMG_0049.JPG

ミールもワンプレートです。

IMG_0051.JPG

ミュンヘン到着後はしないまでルフトのバスで移動。夕方の渋滞にはまりました。便数も頻繁にあり便利です。料金は乗車後、ドライバーが集金にきます。

IMG_0053.JPG

いきなりホテルのエレベーターです。

IMG_0056.JPG

リノベーション工事真っ最中でかなりうるさかった。

IMG_0055.JPG

部屋のカテゴリーは忘れましたが、一番安い部屋でした。

DSC01560.JPG

DSC01561.JPG

DSC01568.JPG

日中はいませんので、寝るだけと割り切って利用しました。

DSC01566.JPG

DSC01567.JPG

DSC01569.JPG

WIFIのスピードも問題なく利用できます。

DSC01570.JPG

工事中と言う事で耳栓が置いてあります。

DSC01571.JPG

DSC01562.JPG

DSC01563.JPG

DSC01564.JPG

朝食も試しに利用してみました。種類も色々ありまずまずかと。

IMG_0071.JPG

IMG_0072.JPG

IMG_0074.JPG

IMG_0076.JPG

IMG_0078.JPG

IMG_0079.JPG

IMG_0080.JPG

IMG_0081.JPG

IMG_0082.JPG

後で気づいたのですが、朝食込みのプランではなかった…

IMG_0083.JPG


初めてだったので、距離感がわからず利用しましたが、中央駅からかなり歩きます。スーツケースがある場合はかなりしんどいです。しかも旧市街の中心地は真逆方向なので、色々な意味でおすすめしません。 ホテルの前にコンビニのようなお店があるので、ドリンクやスナックなどは不自由しませんが… 10月にも予定が入っていますが、たぶん利用しないでしょう。
nice!(3)  コメント(0) 

Hallmark Hotel Derby Midland [旅行]

イギリスのダービーなぜか営業に行くことになったので利用しました。まあ、わかる人にはわかる町ですが。今から20年ほど前に、隣町に住んでいたことがあったので知ってはいましたが、一度も訪れたことがありませんでしたが、想像以上に小さな町で驚きました。従って、ホテルの選択肢もあまりなく、むろんブランド系のホテルはありません。 

ホテルは駅の目の前にあり便利です。

IMG_3817.JPG

施設は古いですが、雰囲気はそれなりにあります。

IMG_3844.JPG

泊まったのは確かスイートだったような。

IMG_3820.JPG

タリフレートですが、予約サイトで確か£100強だったです。

IMG_3842.JPG

一人には十分すぎる広さです。しかも出張ですので。

IMG_3827.JPG
IMG_3830.JPG

スイートと言っても単に部屋が広いというだけで、リビングと別れているとかではありません。

IMG_3832.JPG

IMG_3829.JPG

このデスク、イスと高さがあっておらず、使いずらかったです。

IMG_3831.JPG

ミニバーも最低限で、ドリンクはありません。なので、同じく駅前のコンビニのようなお店で調達です。

IMG_3837.JPG

ルームサービスもありますが、良心的な料金です。

IMG_3834.JPG

IMG_3835.JPG

イギリスなのでこれになります。

IMG_3838.JPG

スイートなので、ジャグジーのバスタブです。でも結構うるさいんですよね。

IMG_3823.JPG

IMG_3824.JPG

アメニティーも最低限です。

IMG_3825.JPG

IMG_3839.JPG

IMG_3841.JPG

IMG_3843.JPG

平日なので結構利用者も多く朝食はそれなりに種類もあり、値段を考えるコスパも良いのかな?と。

IMG_3846.JPG

IMG_3845.JPG

前夜に食べ過ぎて最低限の朝食でした。

IMG_3847.JPG


選択肢がそれほどあるわけではないでの、多分今後も利用すると思いますが、この広さで、この値段を考えると、やはりロンドンは異常かなと。
nice!(1)  コメント(0) 

オーダーワイシャツ [買い物]


ロンドンに行った際にいつも寄るのがJermyn street です。メジャーなイギリスの靴屋などがあり、
時間が許せば、覗いています。 日本にいる時から何となくは知っていましたが、一度はオーダー
してみたいとの衝動に駆られて入ってみましたが、最初はmin 3着からのオーダーと言われ断念。
次に訪問したら、No min order(1着からオーダー可)と言われ、値段も良く解らずオーダーしました。たぶん、パターンオーダーとフルオーダーでは違うのかな?と思います。 

今回はパターンオーダーなのですが、図っていると、「一番小さいサイズで袖丈だけ調整すれば大丈夫だから、既成シャツの方が安いのでそちらはどう?」と言われましたが、それをすると必ずバランスが崩れるので、どうしても作りたい!とゴネて、ああでもないこうでもないと言いながら小一時間ぐらいで終了。


同じ欧州なのに相当高い送料でした。

DSC01493.JPG

IMG_3895.JPG

IMG_3897.JPG

この3つボタンに惹かれました。

IMG_3898.JPG

IMG_3902.JPG

IMG_3903.JPG

IMG_3906.JPG

このイニシャル刺繍値段も確認せずにいれましたが、次回は入れません・・・

IMG_3908.JPG

製法もしっかりしているかと。

IMG_3910.JPG

やはりこのタグにも惹かれます。

IMG_3911.JPG


当所は発送まで2-3週間と言われたのですが、休みを挟んでいたこともあり、結局2か月ぐらい
掛かって手元に届きました。全然料金も気にせず、袖のイニシャルなども注文したので、送料なども含めると結構な値段になります… 流石に2着目はないなと思いましたが、出来上がりや、着心地にはかなり満足しており、次にロンドンへ行くときは悩みます。。。

nice!(1)  コメント(0) 

Hotel Levi [旅行]

前回の続きですが、翌朝ヘルシンキより、キティラへ移動します。朝一のフライトでしたが、スキーシーズンと言う事もあり結構混んでいました。

ホテルは空港から約20分ほどのレビィのスキー場の中腹に位置しており、運が良ければゲレンデからオーロラが見れるかも?ということで決めました。

ちなみに7時過ぎにもう一便飛んでました。冬季だけかな?

DSC01338.JPG

騒いでもあまり迷惑にならないように最後尾の席を予約しましたが、結構空いていました。

DSC01343.JPG

雪国と言う事で、どの便も氷を除去してからの離陸です。

DSC01344.JPG

DSC01349.JPG

と言う事で息子はこんな感じで爆睡です。

DSC01352.JPG

いきなりここがHotel Leviのホテル棟です。ちなみにスキーシーズンだったので、空港にはタクシーが常駐していて助かりました。さもないと電話して呼ぶ必要があります。

DSC01469.JPG

DSC01419.JPG

こちらは別棟のChalets(コンドミニアム)です。

DSC01470.JPG

DSC01421.JPG

利用時にポルシェドライビングエクスペリエンスが開催されていました

DSC01467.JPG

パンフレットで内容確認しましたが、とても良いお値段でした。

DSC01422.JPG

DSC01389.JPG

正面奥のドアーがシャレー棟へ繋がっています。

DSC01390.JPG

フロントです。ホテル、シャレー共通です。

DSC01391.JPG

メインダイニンです。と言うか全てこちらで食事は提供されます。

DSC01393.JPG

ホテル棟はこちらのエレベーターでお部屋へ行きます。

DSC01392.JPG

いきなり部屋の様子です。子供いるためシャレーに宿泊しました。

DSC01357.JPG

キッチンも備品も含め全て完備されているので、麓のスーパーで買い出しして調理出来ます。

DSC01358.JPG

利用した部屋は2ベットルームで約60m2でした。

DSC01359.JPG

DSC01360.JPG

生活感丸出しで申し訳ありませんが、使い勝手は良いです。

DSC01361.JPG

CD/DVD Playerもあり、長期滞在向けでしょうか。

DSC01362.JPG

2nd bed roomですが、本来は各ベッドルームに2台ベッドが置かれていますが、勝手に移動しました。

DSC01353.JPG

デスクもあり、夜多少のデスクワークも出来ます。ここまで来てなんですが…

DSC01354.JPG

DSC01356.JPG

ベランダもあり、ガラスで仕切られており、多少は寒さを凌げます。

DSC01366.JPG

DSC01367.JPG

リビングからの景色です。

DSC01364.JPG

DSC01365.JPG

どこに連れてこられたか理解していない我が息子です。

DSC01370.JPG

何故か手拍子で踊っています…

DSC01373.JPG


ホテルはスキー場の中腹にあり、麓の町へはゴンドラで移動する必要がありますが、このチケットはホテル利用者はフリーでついています。 ただし、このリフト券でスキーはできません。。
また、CHALET棟はあくまでもコンドミニアムなので、毎日の清掃やシーツ・タオル交換はなく、別途有料となります。一点残念なのは、バスタブがなくシャワーだけですが、もちろんサウナはあります。 広さも十分あり、使い勝手もよいので、来年また利用しても良いかな?と思いました。

Hilton Helsinki Airport  ヒルトン ヘルシンキ エアーポート [旅行]

欧州生活が始まって2年目ですが、毎年スキーは必ず行こうと決めており、何処に行こうか?と迷いましたが、昨年と同じでは芸がないと言う事で、フィンランドに行きました。仕事も家族の体調も色々ありましたが、我が家の財政状況以外は問題なく、何とか無事帰国しました。

今回、子供も小さく乗り継ぎがそれほど便利な時間帯ではなかったので、ヘルシンキで1泊しました。

空港から通路にて直結していますので、御覧の通り雪にも降られることなく到着する事が出来ます。

DSC01326.JPG

DSC01327.JPG

ロビー周りは広く、各航空会社のクルーも多く利用していました。

DSC01324.JPG

各フロアーのインテリアも至って普通です。

DSC01321.JPG

日本で言うところの2階です。

DSC01320.JPG

流石に家族4人でツインは厳しいので今回はスイートにしました。写真はリビングのソファーベットが既にセッテイングされていました。

DSC01293.JPG

リビングルームのテレビ回りです。

DSC01294.JPG

水はコンプリメンタリーだったような。。

DSC01295.JPG

まだ時間も早くベッドが邪魔だったので、一旦収納…子供のトランポリンに変身です。

DSC01319.JPG

ミニバーも普通にドリンクなど入っています。

DSC01315.JPG

物価の高い北欧と言われますが、欧州からすると言われるほど高くないかと、まあこんなもんかと。

DSC01316.JPG

お分かりかと思いますが、要はツインの部屋を繋げてあるタイプの部屋です。

DSC01297.JPG

ベッドルームのデスク回りです。

DSC01296.JPG

こちらがベッドルームのベッドですが、息子が爆睡してます。

DSC01311.JPG

DSC01312.JPG

DSC01313.JPG

バスルームですが、写真右がサウナで左がシャワーです。バスルームは確か床暖房もあったような・・・

DSC01310.JPG

DSC01308.JPG

DSC01307.JPG

DSC01306.JPG

DSC01305.JPG

バスタブもあります。

DSC01304.JPG

サウナのスイッチですが、時間が無く利用してません。

DSC01309.JPG

DSC01298.JPG

DSC01299.JPG

DSC01300.JPG

DSC01301.JPG

DSC01302.JPG

小窓からリビングが望めます。

DSC01303.JPG

朝食レストランですが、6:30からでしたが、正直6時過ぎからオープンしていたようで、6:30に行ったら既に結構なお客さんがいました。

DSC01323.JPG

レストランの真向いにキッズルームもあります。

DSC01325.JPG

時間も無く殆ど駆け足でしたが、種類は豊富だったので、もう少しゆっくり食べたかった…写真も駆け足ですみません。

IMG_3684.JPG

IMG_3685.JPG

IMG_3686.JPG

IMG_3687.JPG

スイートだったので、ラウンジも利用可能でしたが、これも時間がなく利用していません。ちょっとのぞいただけで終了、後で写真でもと思った時には既にクローズでした。ドリンクが多少置いてあった程度です。

DSC01322.JPG


夕方に到着して、翌朝のフライトだったので、本当に寝泊りしただけでしたが、次回利用の際は、サウナ、ラウンジ、朝食ぐらいはゆっくり利用したいかと・・・ まあ空港にも歩いて行けるので、便利なホテルです。 

出張飯 Kebaya アムステルダム スキポール空港 [食べ物]

先日、イギリスへ出張の際にスキポール空港で発見したアジア系レストランで食べた昼飯です。特段、興味をそそるメニューではありませんでしたが、話のネタにと思い利用しました。オランダに良くあるナンチャッテ日本食です。

メニューはtabletで注文します。

IMG_3804.JPG

店内はいたって普通です。

IMG_3807.JPG

IMG_3806.JPG

時間の関係もあって利用客はわずかでした

IMG_3808.JPG

IMG_3809 (1).JPG

注文したのは味噌チャーシューメンです。

IMG_3810.JPG

IMG_3811.JPG


写真で見るとあまりわかりませんが、文字通りのお味でした。多分ピンとこないと思いますが、チャーシューはいわゆる煮豚でこんなもんかと、しかしすごかったのはスープです。文字通り味噌です。そう、みそ汁にラーメンが入っています。まさかとは思っていましたが、日本人にとってあまりに衝撃的で返す言葉が見つからなかったのと、確かに文字通り「味噌ラーメン」だなと。日本で食べたらマジ切れするでしょうけど、なぜか妙に納得してお店を後にイギリスに向かいました。次は醤油ラーメンに挑戦したいと思います。後日、会社でこの話をしたら、上司・同僚から一様に、「利用すること自体ありえない」と言われました…。

ルネッサンス サンクト ペテルブルグ バルチック ホテル [旅行]

出張で定期的に訪れているサンクトですが、利用したホテルです。場所はイサック聖堂のすぐ脇にありますが、ネフスキー通りからは多少離れているので、エルミタージュなどに行く場合は少し不便かもしれません。 
IMG_2871.JPG


部屋のカテゴリー忘れてしまいましたが多分デラックスルームです。これが一番したのカテゴリーです。

DSC00955.JPG

部屋から入口方向の写真です。写真右手がバスルームです

DSC00965.JPG

逆に入口から部屋の写真です。コネクティングになる様です

DSC00964.JPG

シングル利用には十分な広さです

DSC00967.JPG

DSC00963.JPG

ティーセットも一通り揃っています。

DSC00968.JPG

DSC00956.JPG

バスルームもこれと言って普通です

DSC00958.JPG

DSC00959.JPG

DSC00961.JPG

DSC00962.JPG

朝食ですが、フロント奥のレストランです。

IMG_2867.JPG

前回泊ったケンピンスキーに較べる内容は少し低いですかね

IMG_2866.JPG

卵料理もその場でオーダー出来ます。

IMG_2868.JPG

IMG_2869.JPG

時期的に観光シーズンだったので結構混んでいました

IMG_2870.JPG


上司と一緒だったのですが、安全なホテルが良いと言う事で五つ星にしたのですが、結構ハイシーズンだったこともあり、料金も結構な値段でした… 上司がいなければまず泊まれない料金です。と言うか、ホテルの内容からして???とも感じました。 それと中国系の団体が多く、この料金でツアーでも利用するのか?と驚きでした。たぶん日本のツアーでは料金があわないだろうなと。仕事とは全く関係ない事を考えていました。

後日段ですが、今後の訪問も考えて事前にビザを更新したのですが、取得後、仕事上もう行く必要がなくなったので、ビザは紙くずとなりました(爆)。。。 

前の10件 | -